でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2016.09.11 [日]

PCデータの安全バックアップ こうすればできる③ 設定編

この通りにやればできます。

見たまんま、同じことをすればできる。

「設定編」です。


「こうすればできる② 組み立て編」のつづきです。


【使用材料】

  • 2ベイHDDケース
     RATOC(ラトック) RS-EC32-U3R
  • 2TBのHDD(3.5inch) 2台
     WESTERN DIGITAL(ウェスタンデジタル) WD20EZRZ-RT SATA600 5400rpm(回転)

前回はここまでやりました

RATOC_2bayHDDcase015.jpg

ACアダプターをつなげて、電源ON。

異常がないことを確認しました。


さて、PCにつなげます。

RATOC_2bayHDDcase016.jpg

電源そのままでUSBケーブルをつなげます。

PC側も、内側が青色のUSBがあればそこにつなげて下さい。


青色のUSBがなければ、PCの使いやすいUSBにつないで下さい。


PCは自動でドライバーをインストールし、1つのドライブと認識します。



 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.09.09 [金]

PCデータの安全バックアップ こうすればできる② 組み立て編

この通りにやればできます。

見たまんま、同じことをすればできる。

「組み立て編」です。


「こうすればできる① 材料編」のつづきです。


「設定編」も一緒にやろうと思ってましたが、かなり画像が多いので後日紹介したいと思います。


実はRATOC(ラトック)のケースだけでなく、ロジテックの2ベイHDD(RAID)ケースも購入してあります。こちらは「設定編」を書いた後に紹介したいと思っています。


組み立てる

【必要なものと、使用しているもの】
  • +プラスドライバー(サイズNo.2)
  • DIPスイッチを動かすための、千枚通しのような固くて尖ったもの
  • 2ベイHDD(RAID)ケース

    RATOC(ラトック) RS-EC32-U3R

  • 同じ容量(2TBがオススメ)のHDD2台

    WESTERN DIGITAL(ウェスタンデジタル) WD20EZRZ-RT SATA600 5400rpm(回転)


RATOC_2bayHDDcase001.jpg RATOC_2bayHDDcase008.jpg

「こうすればできる①」で中身の確認はしたので、今回はこれらを組み立てます。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.09.06 [火]

PCデータの安全バックアップ こうすればできる① 材料編

この通りにやればできます。

見たまんま、同じことをすればできる。

そういう説明がしたくて、買ってきました。


第一回目は材料編とその説明です。

組み立てと設定は次回以降でやります。


HDD2bayCaseRatoc001.jpg

【購入材料】 2ベイHDDケース、HDD2TBを2台

  • 2ベイHDDケース
     RATOC(ラトック) RS-EC32-U3R
  • 2TBのHDD(3.5inch) 2台
     WESTERN DIGITAL(ウェスタンデジタル) WD20EZRZ-RT SATA600 5400rpm(回転)

価格コムで人気があって、しかも安い、冷却ファン付きの2ベイHDDケースを買いました。

ファン無しの2ベイHDDケースはすでに持ってますが、特に夏場はクーラーをつけてる部屋でもHDD温度の上昇がひどかったので、冷却ファン付きは必須だと考えます。「そんなの関係ねえ!」という人も居ますが、出来る限りHDDの寿命は長く、調子良く使いたいですから。


HDDは現在の価格では2TBか3TBあたりが安くて容量も多く、お手頃価格だと思います。

東芝製か、ウェスタンデジタル製がオススメです。

今回はほんの少し安い方のウェスタンデジタル製を購入しました。

バックアップ用途なので5400rpm(回転)でいいと思います。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.09.01 [木]

安全なデータ管理、バックアップ方法、シンプルな説明

特に最近、私が目にするのは、

「PCを使って制作されていて、とても良い作品をたくさん作られているけれど、作成後のデータの管理や安全性が確保されていない」

という状況の方たち。


PCが壊れると、制作された過去データも全て消えてなくなってしまうという。

PCmouse001ss_20160901153910a81.png

そういう方たちは、

「どうすればいいのかわからない」

というのが大半のようです。

そういうものだ、とあきらめてしまっている方も居られました。


PCは買えますが、自分が作ったデータは買えません。


PC関連が不得意であっても、ご自分でできるであろう手段2パターンを、シンプルに 「必要な物 & 全体の流れ」 を紹介しています。

もう少し詳しい方法は後日。


2ドライブ、ミラーリングバックアップが重要

2ドライブにそれぞれ同じデータを保存することが重要なのです。

PCもHDDもいつか必ず壊れます。その時、データを失わないために、2ドライブにまったく同じデータを保存しておくことが重要なのです。


ミラーリングバックアップ(別名:RAID1)といいます。


1台のHDDが壊れても、壊れた方を抜いて、新しく買ったHDDを差し込んでまた同じように2ドライブで同じデータを保存することで、自作データの消失を防ぎます。

3D_HDD_007blog001ss_201609011539099c2.png

PC側からは1台のドライブとして認識されます。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.08.09 [火]

自動バックアップしましょう。

やってみたら実は簡単なんです。




DataAngel002ss.png

1. 自分が作ったデータは買えません

外付けHDD(容量2TB~3TB)を買って、自動バックアップ設定をしましょう。

自分が作ったデータや撮った写真などを自動バックアップしましょう。

PCはいつか必ず壊れます。

消えたら困るデータは消えないように対策しましょう。

PCは買えますが、自分が作ったデータは買えません。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.04.13 [水]

フォローしておきたい電子工作関連情報

twitterで知識と情報を効率良く吸収する

私がtwitterでフォローしている電子工作関連情報発信アカウント一覧。

※「ユーザー名の頭文字」の数字アルファベットあいうえお漢字(画数)順です。




2016.03.27 [日]

トランジスタ ECB

エミッタ コレクタ ベース

「小信号用トランジスタといえば2SC1815」。

足の並びは「(E)エミッタ、(C)コレクタ、(B)ベース」

というのが定番というか、常識とまで言われてた気がします。

しかしこれは回路図の記号とは並びが違うため、慣れるまでは
「えーと、えーと、どういう並びだったっけ?」と不便です。

「トランジスタってECBという並びの足しか無いの?」と。


※2SC1815より以前は、2SC945が定番トランジスタだったそうです。


トランジスタの足の並びは?

transistor_ECB002.png transistor_ECB001.png

NPNトランジスタの一例を列挙してみると。

  1. 2SC1815、2SC2458、8050SL
  2. PN2222、2N3904、2N5088
  3. BC337

1.ECB、2.EBC、3.CBE と秋月電子で1パック20個入100円で売られているものですが、それぞれ足の並びが違いました。

あるんですね。

「日本では2SC1815が定番だけど、アメリカではPN2222が定番だよ?」って話を何処かで目にした覚えもありますがどこだったか覚えてません。


実のところ、2SC1815は2010年にディスコン(製造中止、廃番)になり、現在販売されているのは基本的にセカンドソース品と呼ばれる物だそうです。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2016.03.20 [日]

可変三端子レギュレータのR2の算出式

可変三端子というくらいなので、本来R2にはVR(可変抵抗・ボリューム)を入れる。という使い方が王道なのでしょう。

が、一般的な三端子レギュレータにない出力電圧が欲しい場合もあるので、そういう時に簡単にR2の抵抗の値を求められるように、(自分のために)ここに自動算出式を置いておきます。

何か間違っていたら、ご指摘頂けるとありがたいと思います。

LM317_20150320A02.png

Vout(出力電圧): V
   R1(抵抗)Ω: Ω
   R2 = 360 Ω

可変三端子レギュレータの計算

Vout = VREF×(1+R2÷R1) + R2×Iadj

例1. [ VREF=1.25V ]、[ R1=120Ω ]、[ R2=360Ω ] の場合

Vo = 1.25 × (1+360÷120) + 360×0.0005
   = 5.0V + 0.0018V
   ≒ 5.0V

必要な出力が決まっている場合。

R1は120Ωか240Ωで固定して、R2を何Ωにすればいいかというパターン。
R2の値を算出する式。

R2 = (Vout÷1.25-1) × R1 - R2×0.0005

しかし微小なので [ - R2*0.0005] を省略する。

R2 = (Vout÷1.25-1) × R1

例2. [ VREF=1.25V ]、[ Vout=5V ]、[ R1=120Ω ] の場合

R2 = (5÷1.25-1) × 120
   ≒ 360Ω

Vout(出力電圧): V
   R1(抵抗)Ω: Ω
   R2 = 0 Ω


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

 | HOME |  OLD »

TOPへ