でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2015.03.14 [土]

集荷配送の自動化

集荷仕分けの効率化

 10年後は車そのものが完全自律走行して、小荷物宅配も受け取り側の自動ロックポストなどの普及で自動化が始まっているだろう。
 が、そこへ辿り着くまでにやっておくべきなんじゃないかと思ったことを書いておく。
 すでにもっと賢い方法を実行されているかもしれないが、思い付いたので書いておく。

  • 小型トレーラーの開発。
  • 時間で区切るだけでなく、満積載になり次第次々と出発。荷物量の少ない方面へは途中で集約中継基地を設けて荷物を集約してから運ぶ。
  • 小型トレーラーは現地発送用基地へ到着したらトレーラーだけ切り離して置いて去るのみ。激しい雨が降っても嵐でも吹雪でも荷物にまったく影響が出ないように、切り離す場所はトレーラー専用倉庫内。
  • トレーラー内の各小荷物には電波タグがすでに貼り付けられており、基地内ロボが自動仕分けして小口発送用車へ積み替えてゆく。
  • トレーラーを切り離した車は、その基地のある地域からの、地元への配送用荷物積載トレーラーを引っ張って運ぶ。
  • 地方などで戻り荷物がない場合は他地域へのトレーラー荷物を運送するか、戻り地へ空の箱トレーラーを連結して戻るか。(空箱を関節連結ではなく、固定連結する方法があれば1台で複数箱運べるので、強度的にも重量的にも問題のない箱トレーラーの開発も必要かと思われる。)
  • 荷物にNFC系近接電波タグを使うことによって、走行中に荷物の配置を把握、又は荷を積み込む時に配置を把握して次の荷降ろし地へデータを送信。効率良くロボットが荷を分配できるように事前にデータの受け渡しができるため、人が仕分けるよりも高効率化を図れる。
  • 高効率に荷物を積むためのアルゴリズム化と、ロボットによる再現と自動化。ベテランが持つ積載術をプログラム化して自動化。

2015.01.27 [火]

AI vs AI

幼稚なSFみたいな未来

 現状、日本ではAI の話をしても、
「特別な人にしか関係ないものだ」

と思われがちです。


 しかしアメリカでは数種類もの、違うタイプのAI がいくつかの都市の公共機関である警察や、弁護士事務所などですでに活躍しています。
 最近AI 関連のTV番組や、情報を見た方はすでにご存知のはずです。

 現在AI システムを導入しようと新しく検討している組織や企業、つい最近導入したばかりの企業組織など、今この瞬間も更に増え続けていることでしょう。

 そして、もうすぐ目の前にあるのが「完全自律走行車」。
 これと合わせて次に来るのが、交通網の要である「AI による効率のよい道路信号制御」。
 そして人が運転する従来型の車も含め、自律走行車も含めた、交通全体に対する「渋滞を防いで効率よい流れを保つための」AI によるルート制御。

 宅配便や、もっと大型の荷物、都市から都市へまとめて送る荷物の大型配送車、そういった車そのものから、荷物の積み降ろしまで全て自動化されるようになるでしょう。

 タクシーと、レンタカーと、マイカーの境界線が曖昧になり、月額使用料を払って、免許不要で完全自律走行車に乗り降りするのが当たり前の世界になることでしょう。

 車関連だけでもこんな未来。

 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2015.01.11 [日]

これは予言ではなく

AI003.jpg

未来予想001

 人工知能(AI) 開発に対して警告を発している著名な科学者が居られる。
 スティーブン・ホーキング博士。

 すでに人工知能の解析能力を使って、アメリカでは多くの市で 『犯罪予測システム』 が稼働しており、実際に成果を上げている。

 ドラマではない。
 フィクションではない。
 本当の話だ。
 もうすでに、アメリカでは現実にそれが行われている。

 興味のある方は 『犯罪予測システム』 で検索すると、

「数種類の犯罪予測システム」

がすでにアメリカで活躍している、という日本語の記事をたくさん見つけられるだろう。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2015.01.11 [日]

プレビューアプリないの?

サーバー負荷を下げる方法

 自分がブログを書く時、何度も何度もプレビューで確認する。
 「気にし過ぎだよ。君のブログなんて誰も見てないよ?」


そんなことはわかってるwww


 が、しかし、そういう書き方をしている人は少なくないと思うんだ。

 特にブログ記入が増える時間帯のサーバー負荷は、かなりのものだと思う。

 その対策として、サーバーを増強するよりもローカルPC側でプレビューできて完成までサーバーにほとんど負荷が掛からないようにプレビュー用のアプリを作ってはどうかと思う。

 要は現在ブログで使っているHTMLとCSSさえちゃんと同期していればブラウザでプレビューできるのだから、今までと同じ感覚で使えるわけだし、「プレビューボタン」と「(完成したのでサーバー側へ)アップロードボタン」さえあればいいわけじゃん?

 使用者側に対してはしっかりと「アップロードすれば完成」という認識を浸透させる必要はある。

 が、アプリ上でブログを完成させてからアップしてもらうことによって、自分みたいに何度もプレビューしながら書くことによるサーバー負荷はかなり減らせるのではないかと思う。


 プレビューアプリと言うよりも、

ブログ用HTML・CSSが同期している
【ブログ作成用アプリ】

と言うべきかな。

2014.12.10 [水]

鼻毛出てる

Cry20141210psd02.jpg

 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2014.09.17 [水]

エレベーターが落下した時にジャンプすれば助かる

エレベーターが落下した時にジャンプすれば助かる

 「自分が乗っているエレベーターが落下し始めた時、最下層にぶつかる直前にジャンプすれば助かるじゃん?」

 これ、2chまとめなどでいまだに見掛けるんだが、これについていくつか質問しよう。

①外の見えない箱の中に居て、どうやって最下層にぶつかる瞬間を知ることが出来るのか?

②そもそも落下が始まったら箱の中で宙に浮いてしまっているのではないか?
 そんな状態でジャンプ出来るのか?


 まず上記の質問に対する答えをメモ帳に書いてから下記を読んでみて欲しい。

 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

 | HOME |  OLD »