でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2015.12.27 [日]

メール送受信で文字化けせず問題のない設定

 2015年12月にWindowsLiveMail2012 をアップデートして差出人名だけが文字化けするようになった。

 私もそれがきっかけで調べてみたんですが、結論として「差出人(の2バイト文字)名が文字化けするのは直らない」ようです今のところ。

 「本文は文字化けしていない」「英語(半角英数)名の差出人であれば文字化けしていない」ので、この程度ならとりあえずまた新しいアップデートが出るまでは我慢しておくかな、という感じです。



※【追記】2016年3月10日

IMAP接続に変更することですべての問題が解消されました。

こちら「Windows Live メールをIMAP接続に変更」を参考にどうぞ。



Windows Live Mail 2012 & Windows7

※あくまで自分の環境で問題がなかった自分用の設定なので、保証はしません。参考程度にお読み下さい。


本文内容リスト化一覧(文字のみ)

  1. 「プロパティ→「ユーザー情報」→「名前(N)」には、「半角英数字で、ローマ字名を使うこと」

    理由:これは「差出人」名として相手に表示される項目。日本語や大文字を使うと場合によっては文字化けしてまったく誰なのかわからなくなることがあるため。半角英数字であればその確率をかなり下げることができる。

  2. 「オプション(O)」→「メール(M)」→「読み取り」→「フォント」→「エンコード(E)」→上の欄の一番上にある「Unicode」を選び、「規定に設定(D)」を押す→OK

  3. 「オプション(O)」→「メール(M)」→「読み取り」→「エンコードの設定(I)」→「受信メールに既定のエンコードを適用する(U)」のチェックを入れない。外す。レ点は無しにする。(同じことを3回言いました)→OK

    理由:どのメールもすべて強制的に規定の形式でエンコードしてしまうので、文字化けしてしまうこともある。のでチェックは入れない。

  4. 「送信」→「エンコードの設定(G)」→既定のエンコード(D):「Unicode(UTF-8)」→「メッセージの返信に英語のヘッダーを使用する(W)」チェック入れる→OK

    ※Unicode(UTF-8)でも問題ないことを確認したので内容変更しました。

  5. 「送信」→「メール送信の形式」→「テキスト形式(P)」にする。

  6. 「送信」→「メール送信の形式」→「テキスト形式の設定(E)」→「MIME(M)」→エンコード方法(E)→なし→「8ビットの文字をヘッダーに使用する(W)」なし→送信時に自動的に文字列を折り返す(A)→「76」文字目→OK

 以下、画像付きで同上解説。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

関連記事

 | HOME | 

TOPへ