でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2012.09.30 [日]

自分で散髪してます。

自分で散髪してます

 過去に理髪店へ行って散髪してもらった回数は、片手で数えられるくらいしかありません。

 中学生の頃から自分で散髪し始めました。
 それ以前は母親がしてくれていましたが、


超下手くそすぎた



 ので自分ですることにしたというのもあります。

 最初の頃は失敗して部分的に切りすぎたりしたこともありましたが、どちらかというとアタッチメントの構造的欠陥が原因であって、自分のせいじゃなかったですね。

TicketCounter

 で、失敗して切りすぎた頭をどうしたかと言うと、

 「少々失敗してもどうせ生えてくるのだし、その失敗を隠すために他の部分も切り出すとキリがない」

 これは誰に相談したわけでもなく、誰に言われたわけでもないですが、どうしようか自分で考えた結果そういう結論に至りました。
 アレコレごまかそうといじり倒しても、きっともっと変になるだけですから。
 放っておけばどうせすぐに生えてきますからね。

 そう思ってそのままにしてました。

 同じクラスの数人にそれを少しからかわれたりもしましたが、イヤな感じではなく、お互いコミュニケーションを取るきっかけにもなっていたような気がします。


 堂々としていれば


髪型が少々変



 でもそんなに他人は気にしないものです。
 「ちょっと変わった人が居るな」くらいです。
 むしろ逆にそういう人にちょっかい出して関わろうとはしないでしょ。
 どうせしばらくしたら生えてきますから、あまり気にしないのが一番です。
 その後も自分で散髪をしてましたから、むしろ「へーすごいなー」って思われてた部分もあったようです。


ハサミでは無理



 なので電動バリカンを使います。
 最近はアタッチメントも豊富で、長めにカット出来るようなのも売ってますね。


音がうるさいので耳栓



 をしてするのがいいです。
 鏡は大きくて移動できる姿見が一つと、手に持てる鏡が一つあるといいです。
 頭の後ろや横、頭頂部を見るためです。

KusatsuStation

 新聞紙を1枚だけ広げて、そこに落とすようにします。
 終わったらそれを丸めて捨てるだけで済みます。
 慎重に丸めないと破れて

悲惨なことになります。



 自分はなったことはないですが。
 もちろん広げた新聞紙の外に落ちることもありますから、最後は掃除機で掃除しますけどね。

 自分はアタッチメント長めの電動バリカンは持ってません。
 自分が持ってる電動バリカンのアタッチメントで一番長く切れるのは12mmだったと思います。

 じゃー、長めの時は、


どうやって長さ調節してるの?



 これはその当時クラスメイトにも聞かれましたね。

 片手で髪の毛を握って、指の本数(指何本で髪の毛を握るか)で調整してました。
 他には手で髪をすいた感じでだいたい「あーここはまだちょっと長いな」とかわかります。


もちろん鏡でチェックしながらです。



 そんな感じでずーっと自分で散髪してます。
 最初からそれほど難しいとは感じませんでしたね。
 面倒くさがり屋なので、何度も、


自分の頭を首からポコッと外して、



 前に置いて散髪できたら楽だろうなー。
 なんて思ったことはありますがw
 外しても目はその外した頭の方に付いてるんだから同じじゃん!!
 ってツッコミは無しでw

ZestOik002Pom02.jpg

 なので自分の頭を散髪するよりは他人の頭を散髪するほうが楽です。
 とは言え、そこは他人の頭なので別の意味で難しいのもありますが。

 ただ自分は今はメガネを掛けているので(20代前半までは眼鏡なしの目が悪いまんまでやってた)ある程度切っては髪の毛だらけの手でメガネを掛けて、


手鏡を持ってチェック



 を繰り返さないといけませんが。


 コツは、
 散髪する前に


どういう髪型にするか



 ちゃんとイメージする」ことと
 一度で完全に仕上げようとせず、


2回か3回にわけて



 完璧にすること
 そのためには、


どういう順番で切ればいいか



 イメージしておく」ことです。

 一回で完璧にしようとしても、筋力も、気力も、体力も、時間も、きっと足りなくなりますので、(中学高校の頃は一回で済ましてましたが、全て揃ってましたからね。今はないですが。)分けてやる方が楽に、イヤにならずに、完璧に仕上げやすいと思います。

 腕を上げて作業し続けるので、けっこう体力いりますよ。



Amazon

関連記事

« NEW  | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME | 

TOPへ