でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2015.02.17 [火]

MINILA黒軸に、静音化リング装着レビュー

O-ring20150217A01.jpg

静音化リング使用レビュー

 FILCO MINILA にはキーを引き抜くためのプラーが最初から付属していますので、こいつをキーの角に引っ掛けて1つ1つ外していきます。
 最初から全部引っこ抜いてしまって、もし装着状態が気に入らなかったら超面倒くさいことになるので、最初は左手ホームポジションのASDFキーだけ抜いて装着して試し打ちしました。

O-ring20150217A03.jpg


静音化リングの装着方法

 写真を見ての通りです。
 引っこ抜いたキーを引っくり返すと軸があるので、そこへ静音化リングを指でムギュッとはめるだけです。
 材質はシリコンゴムっぽいんで多少は伸びます。が、パッケージを見ても特に材質が書いてないようなので正確にはどういった材質が使われているのかは不明です。

O-ring20150217A02.jpg

EnterキーとSpaceキー

 ASDFキーだけに装着して試し打ちしてみたところ、何の問題もなく打てるし、静音効果もいい感じでした。
 すべてのキーに装着するのではなく、私は主要なキーにだけ装着して使用することにしました。
 EnterとSpaceも常に使用するキーなので抜いてみました。
 あらビックリ。
 最初は壊してしまったかと焦りましたが、よく見ると樹脂系の白い足が2本はめてあっただけでしたので、問題ありませんでした。

O-ring20150217A04.jpg

 これら大きいキーの裏側には3本の軸が生えているのですが、黒軸スイッチにつながっているのは真ん中の1本だけでしたので、静音化リングも真ん中の1本にだけはめました。

O-ring20150217A05.jpg

 キーをはめる時、ちょっとしたコツが必要です。
 2本の白い足はワイヤーに引っ掛けてあるだけで、簡単に外れてしまうので、キーを元に戻す時はその白い足を黒軸と同じように丁寧に立ててやることです。
 (1つ上のEnterキーの写真のように。)
 きれいに揃えて立ててやれば、キーをはめ直す時にもスムーズにはめることが出来ます。
 (下のスペースキーの写真のように)ズレたり斜めになっていたりすると、もしかしたら破損してしまうかもしれないので、慎重にきれいに揃えて立ててからはめるべきです。

静音化リングをMINILAに装着して打鍵してみた感想

 静かになりました。
 特にEnterキーとSpaceキーに対しては微妙に効果が大きいような気がします。
 もちろんその他のキーに対しても効果がはっきりと出てます。
 プラスチック樹脂がプラスチック樹脂に当たる音がほとんどなくなりました。
 装着することでキーストロークが短くなります。
 その効果も効いてます。

 ただ、確かにはっきりとその差がわかるくらい静かにはなるんですが、MINILAの軸が固定してある金属板の反響音はまだ聞こえます。
 これはMINILA側の問題ですね。
 この金属系のビビリ音のようなエコーのような反響音は気になる人は気になると思います。
 静音化リングを装着することでこの音もかなり軽減されてはいるんですが、やはりまだ聞こえます。
 この音を消す、何か良い方法はないものだろうか。

 しかしこの静音化リング、最初はどの程度の静音効果が得られるかと半信半疑でしたが、装着した効果はかなりありますね。
 東プレの静音キーボード(Realforce91UBK-S)も所有してるんですが、MINILAのあの金属的な反響音さえなければ、かなりそれに近い静音効果がありますよ。
 そのくらい静音化リングの効果は高いと感じました。
 MX軸系キーボードを「今よりも静かにしたい」と思われる方なら、この静音化リングを試される価値は充分にあると思います。



※この記事を読んで「使ってみよう」と思われた方、下記リンクから購入頂けるとすごくありがたいと思いますのでお願いしておきます。


Amazon

Cherry MX軸対応 静音化リング
Scythe製
関連記事

« NEW  | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME | 

TOPへ