でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2015.03.11 [水]

PIC、AVR、超初心者の覚え書き

まだ始めてもいない

 始める前に、調べたことを(いや、現在調べている最中のことを)メモ書きとしてここに書き残しておく。

なぜ「PIC」と「AVR」に絞ったのか

 Arduino、mbed、RaspberryPi、BeagleBoneなども候補に上がってはいた。
 が、自分がやってみたいことは、「可能な限り小型化」、「組み込み」、「可能な限り低コスト」なので、今自分が知るかぎりにおいてはPICかAVRが最善の選択だろうということなのだ。
 (もっといい方法があれば変更の可能性もある)

PIC

PICマイコン


 PIC(ピック)とは、Peripheral Interface Controller(ペリフェラル インターフェイス コントローラ)の略称であり、マイクロチップ・テクノロジー社(Microchip Technology Inc.)が製造しているマイクロコントローラ(制御用IC)製品群の総称である。コンピュータの周辺機器接続の制御用として1975年にゼネラル・インスツルメント(General Instrument Corporation)社により開発された。1985年にPICの事業部門が独立してマイクロチップ社となり現在に至る。
 PICにはCPU、メモリ(RAM、ROM)、I/Oなどが1チップに収められており、ROMに書き込まれたプログラムにより制御される。回路構成が容易かつ安価で、インターネット上で情報を得やすく、電子工作愛好家の間で人気がある。

wikipedia PIC (コントローラ) から引用


 1975年に開発され、現在マイクロチップ・テクノロジー社によって製造されている。
 ふむ。
 歴史があるだけに、日本語の関連資料も豊富なわけですね。

AVR


 Atmel AVR(アトメル AVR)は、Atmel社が製造している、RISCベースの8ビットマイクロコントローラ(制御用IC)製品群の総称である。1996年に開発された。

 PIC同様に回路構成が簡単でCPU、メモリ(RAM、ROM)、I/O、データ記憶用のEEPROM、クロック発振回路、タイマーなどが1チップに収められており、書き込まれたプログラムにより制御される。
 ISP (In-System Programming) に対応し、コンパレータを内蔵する等、後発である故にPICに不足する点を補うような構成を持ち、i8051ピンコンパチ品や外部にRAMやI/Oを増設する外部バスのあるものもあり、電子工作を行う人の間で人気があるとともに、PICのライバルとして認識されている。ISPには、In Circuit Serial Programming (ICSP) やJTAGという仕組みがあり、AVRだけでなくPICにもICSPは備わっている。
 また、ラインが変わっても基本的なCPUコアのアーキテクチャが変わらず、RAM空間がリニアである等、C言語でのプログラミングを意識しており、さらにアセンブラを含んだ統合開発環境「AVR Studio」が無償配布され、GCCも対応しているため安価に開発環境を構築できる。
 MCSエレクトロニクス社より4Kバイト(2Kワード)までのコード生成が無償試用できるBascomAVRというBASICを基調としたコンパイラーが公開されている。液晶表示コマンド等、即実用可能なコマンド満載でC言語やマシン語にアレルギーのある人でも簡単にAVRを試用できる。(ただしRAM未搭載のものは殆どのコマンド使用不可)
 プログラム格納用のROMは全品種でFlashROMを採用しており、PICのようなUV-EPROMやPROM、マスクROMタイプはない。ハーバード・アーキテクチャである点はPICと同じである。
 ほとんどの命令を1クロックで実行するため、MHzあたりの計算量は1MIPSに達する。
 AVRという名前は、チップを設計したAlf Egil Bogen と Vegard Wollanの名前と、RISC から取られている。

wikipedia Atmel AVR から引用



※GCCとは:GNU Compiler Collection の略で、GNUのコンパイラ群のこと。

※GNUとは:UNIX互換のソフトウェア環境を全てフリーソフトウェアで実装することを目標とするプロジェクト、およびそのソフトウェア全体を指す。

※コンパイラとは:プログラミング言語で書かれた、プログラムのソースコード(原始コード)を、機械語、ないしバイトコードなどの中間言語によるオブジェクトコード(目的コード)に翻訳(変換)するプログラム。


 1996年に開発され、Atmel社によって製造されていると。
 なるほど。
 PICを見て、その欠点を減らして、使いやすいものを作ったという感じですね。
 使いやすく、初心者でも導入しやすいんだけども、比較的新しい物であるが故に、日本語の資料が少ないということですか。
 ふむふむ。

両方共ワンチップマイコン

 両方共ワンチップマイコンで、他にもあるワンチップマイコンの中では現在この2種が主流である、と。
 マイクロチップ社が、PIC。
 アトメル社が、AVR。

 PICは歴史があって日本語資料も多いけど、けっこうややこしい部分があると。
 AVRはその欠点を減らして使いやすくしてあって性能も高いけど、日本語の資料はそれほど多くないと。

 それぞれ別のソフトや知識が必要で、共有使用することができないと。
 どっちかに決めろと。

 そんな感じなんですかね。

 難しいですね。


 ただ、色々と検索して様々な先輩方の御意見を拝見していると、「今から始める初心者が、PICか、AVRで迷っているなら、断然AVRがいいよね!!」という御意見が多数ありましたね。

 ふむふむ。


関連記事

« NEW  | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME | 

TOPへ