でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2012.05.11 [金]

ペンタブのグリップをカスタマイズした。【その2】

ノーマルのグリップじゃ満足できない!

 WACOMのペンタブレットのグリップ、
 ノーマルのラバーグリップじゃ満足できない!
 汗で滑って使いにくい!!
 だからヒモを巻いて工夫したらバッチグーだったの!!
 カスタマイズ、サイコー!!
 全然、まったく汗で滑らなくなったよ!!
 って話、第2回目です。

 自分は非常に手の平に汗をかくので、ラバーグリップでは滑ってしまって使いにくいのです。
 そこで以前から色々と自分なりに工夫していたのですが、最近になってやっと

これだ!!


 という方法を見つけたので喜んでいるという話、第2回目です。


<これはグリップをカスタマイズしたIntuos4のペン>


ヒモ巻いただけ!!

 写真を見て頂けると分かる通り、

ヒモ巻いただけ!!


 "以前に紹介した巻き方"とは違いますね。

 以前のは使ってるうちに
 「んー、ちょっと太いかなー。微妙に使いにくいかなー。」
 って思いまして、
 (それでもあの巻き方で1週間くらいは使ってましたね。)
 今日、なるべくペングリップが細くなる巻き方にしようと思い、やってみたわけです。

 細いグリップが好みの方にはこの方法がオススメですね。

 以前の巻き方に比べたら何とも

ただ巻いてるだけ


 で、全く芸術っぽくも何もありゃしないんですが、ペングリップを細くしようとするとこの巻き方が一番シンプルで、使用するヒモの長さも少なくて済みますね。

ボタンを先に外しましょう。
↑これはIntuos3のペン↑
Intuos3以外には使えませんが、基本的な構造はどれも同じです。


 ヒモは何でもいいんじゃないでしょうか。
 自分のお好みのヒモを色々使ってみるといいと思います。


汗でラバーグリップは滑って使いにくい!!



 という方は一度試してみてはいかがでしょうか?


 もちろん、 "以前ご紹介しました通り"
  • ボタンは使えなくなります。
  • ボタンを外してから、ラバーグリップを抜いて下さい。
  • ボタンを外した穴が開いているので、ビニールテープできっちりふさいで下さい。

ペンタブの穴をビニールテープで塞ぐ
↑これもIntuos3のペン↑
Intuos4/5のペンより長いけど、基本的な構造は同じ。


 ※この改造(改造って言うほど大げさなものじゃないんですが)を行ったことで壊れたり、不具合が出たり、怪我をしたり、しても当方は一切の責任は負えませんので、そのことを了解した上で、御自分(You)の責任のもとで行なって下さい。

 ちょっと不安だなーとか、壊れたらこいつのせいにしてやるとか、怪我したら賠償金請求してやるとか、そういうことを本気で思っておられる方はやらないで下さい。d(´∀`*)ネッ!



 ま、ちょっと大げさなこと書いてますが、慎重にやれば壊れることもないですし、怪我することもないと思います。
 くれぐれも慎重にやってくださいませ。


 少しでもお役に立ちましたならば、拍手を1クリックお願いいたしたく存じます。  ヨロシク(._.)デス
関連記事

« NEW  | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME | 

TOPへ