でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2018.01.21 [日]

メモ:Bracketsが動かない時

Bracketsが動かない時

Cドライブのプラグインを1つずつ削除(または移動)して、Bracketsを起動して確認してみる。


場所は、


C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Brackets\extensions\user


プラグインが原因の場合は、これで解決する。


今回はShizimilyを削除したら問題が解決した。

そういえばこのプラグインかなり以前にも一度同じことがあったなと思い出した。

このプラグイン便利なのになあ。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2018.01.17 [水]

メモ:複数の単語テキストやパスのコピーからテーブルやリストを作る方法

複数の単語テキストやパスのコピーからテーブルやリストを作る方法

例として

「画像とリンクの貼り付けをするための下準備」

各行に同じ単語を2回並べる。

単語前後に挿入文に使われていない(繰り返しでもよい)記号や単語を入れる。

(私は見てわかりやすいように空白や記号の繰り返しをよく使う)


  1. フォルダ内画像のパスのコピーを取得
  2. テキストエディタ、置換で不要部分削除
  3. マクロの記録
    1. 1行選択
    2. Ctrl+X(カット)
    3. 行頭に記号(..)記号はなんでもいい
    4. Ctrl+V(ペースト1回目)
    5. 別の記号(::)記号はなんでもいい
    6. Ctrl+V(ペースト2回目)
    7. 別の記号(;;)記号はなんでもいい
    8. ↓下行へ移動
    9. マクロ記録終了
  4. マクロを繰り返す
  5. 各記号に対して置換で必要な文字列を入れる
  6. 例として、現在こうなっている【..単語::単語;;】はずなので、
    1. .. 置換→ <a href="
    2. :: 置換→ " title=""><img src="
    3. ;; 置換→ " alt=""></a>
    4. すると、こうなる

<a href="単語" title=""><img src="単語" alt=""></a>


altにも入れたいたならもう1つ記号を入れてペーストを3回するといい。

titleにも入れたいたならもう1つ記号を入れてペーストを4回するといい。


リストやテーブルも同じ要領で作れる。


私はMKEditorまたはサクラエディタを使っている。


2018.01.15 [月]

Bracketsのサイドバーのフォルダ表示が邪魔だった件

BracketsSidebar01.png

Bracketsのサイドバーにフォルダの内容がズラズラと表示されるようになっていて、すごく邪魔。

以前はなかったのにいつの間にか表示されるようになっていて、ずーっと邪魔だと思ってた。

やっと解決手段を見つけた。


Bracketsの機能拡張

「Resize Working Files」

で解決できた。


インストール後、なぜか自動では有効化されないので、メニュー「表示」の一番下に、「resize working files」と「scroll working files」が表示されているはずなので、選ぶ。


resizeworkingfiles02.png

(1回選んだだけだとなぜか有効にならず、2回選択したら有効になった。バグ?)

上部との境界あたりにカーソルを持っていくと高さを変えられるようになった。


resizeworkingfiles01.png
2017.11.17 [金]

抵抗の合成、並列、自動計算

並列合成抵抗の自動計算

抵抗は、並列で足せば足すほど、合計の抵抗値は減っていきます。

イメージとして、「水道管が横にもう1本増えたから、たくさん通りやすくなった」と、想像するとわかりやすいです。


計算方法は、

(1/R1)をその本数分足して、さらに、ひっくり返して(1/合計)で計算します。



1 / ( ( 1 / Ra ) + ( 1 / Rb ) ) =

1  ÷ ( (1÷抵抗a)+(1÷抵抗b) ) =

1 ÷

(1÷ [抵抗a]値 [Ω] )

(1÷ [抵抗b]値 [Ω] )
 )
=並列合成抵抗値 0.5[Ω]

本数が増えても、2本の計算の繰り返しです。





代替抵抗と電流値の計算

手持ちにぴったり当てはまる抵抗がない場合

  1. 少し大きめの抵抗を使う。
  2. 2本以上の抵抗を使って、合成抵抗で作る。

例1:(電源3.3V-順方向電圧3.2V)÷順方向電流10mA=10Ω

10mA流したいので、10Ωの抵抗が必要だが、20Ωしか手持ちがない場合。



( 電源電圧 [V] - 順方向電圧 [V] )

 ÷ 代替抵抗 [Ω]

 = 電流値5[mA]


「5mAだとちょっと足りないなあ、合成抵抗で作ったほうがいいなあ」と、わかる。



 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2017.10.18 [水]

アップデートしたら文字が汚くなった。

Windows 10 Fall Creators Update を実行したら、デスクトップのフォントが見づらくなった。

大型アップデートの度にデスクトップフォントの設定がリセットされるので、記録しておくことにした。


※「~へのショートカット」の設定もだけど。



■まずフリーソフトの「Meiryo UIも大っきらい!!」を使う。

 個人的なおすすめは「MeiryoUI 9pt」


meiryouimodaikirai02.png

meiryouimodaikirai01.png



■その後で、Windowsの「ClearType テキストの調整」を実行する。



<ClearTypeテキストの調整方法>

  1. 「設定」から「テキストの調整」で検索すると出て来る。
  2. WS003369s.png


  3. ClearTypeテキストの調整をする。
    自分が見やすいと思うものを一覧から選んでいくだけで完了。かんたん。
  4. cleartype02.png




 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2017.09.19 [火]

Googleフォームを使ってみた。

もうずいぶん前に作った(使った)のだが、もうすでに完全に忘れていたのをたまたま思い出したので、ブログに貼っておくことにする。



回答後、他の人の意見も見られます。


« NEW  | HOME |  OLD »