でん⚡きかいでんのブログ

3Dプリンター、3DCG、PC、電子工作、HTML、CSS、ミシン、ペンタブレット、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。PC関連機器の使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2022.03.19 [土]

Blender(ブレンダー)でアニメーション(基礎)

BlenderHowTo_000.png


作業全体の流れ

Blender(ブレンダー)でアニメーションglbファイルを作るための作業手順の基礎。


前提として

  • 3Dソフトであらかじめglbファイルを作成しておく。
  • ※私が使用している3Dソフトは、Metasequoia4

  • 回転軸はすべてローカル座標0(ゼロ)。
  • 連動して動かしたい各部品は親子関係(ツリー状)にしておく。



Blender(ブレンダー)上で作業開始

  • glbファイル、上部メニュー 「ファイル」、「インポート」、「glTF2.0」 からインポートする。ドラッグ&ドロップはできない。



画面上での動かし方

  • 画面ロール:マウス中クリックボタン
  • 画面移動:Shift+マウス中クリックボタン



アニメーション

  • 上部メニューの 「Animation」 をクリック
  • タイムラインはマウスホイール前後回転で、拡大縮小
  • (初期設定で)1秒は24フレーム、1分間は1440フレーム
  • 機械のような回転は、「モード:XYZオイラー角」
  • 最初は0°(ゼロ度)から開始、でもいいし、好きな位置から開始可能。決定は横の●をクリックして♦にする。
  • 「初期設定の回転方向は反時計回り」 なので、時計回りにしたい場合は、「-(マイナス)360」 などと数値入力する(回転させたい角度)
  • 初期設定だと、動きが「最初ゆっくり、次第に一定の速度になり、最後直前でゆっくり」となってしまうので、「グラフエディター」で動きの緩急を変更する。
  • ウィンドウのサイズは変更できる。
  • 「グラフエディター」 で変更したいポイントを右クリックして 「ハンドルタイプ」、「ベクトル」 にすると 「直線的な動き」 に変更できる。



ノンリニアアニメーション

仕上げ

  • クリックして、全部 「アクションをストリップ化」 する。
  • 「NiaTrackという名称を消して、新しくすべてに同じ名前を付ける」 必要がある。
  • 「ファイル」、「エクスポート」、「glTF2.0」で保存する。



※以下は画像付き解説。


 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

2021.10.20 [水]

Blender, animation, multiple axis

Blenderで複数の回転軸を持つアニメーションをglTFでエクスポートしたら1つしか動かなかった

BlenderAnimation003.jpg


前提として、いくつかの重要ポイント

作業の流れとしては、

  1. Animation
  2. タイムライン
  3. ドーブシート
  4. グラフエディター
  5. NLA(ノンリニアアニメーション)エディター

となる。



BlenderAnimation001.jpg



ポイント

  • 回転軸はローカル座標0(ゼロ)
  • 機械のような回転は、「モード:XYZオイラー角」
  • 動いている大きな物に付属して(動きつつ)更にその中で動く物が必要な場合、親子関係にしておくこと:target:parent
  • 動きの緩急を変更したい場合は、グラフエディターで、右クリックして「ハンドルタイプ」を、「ベクトル」にすることで直線的な動きにできる。
  • (デフォルト設定で)1秒は24フレーム、1分間は1440フレーム
  • デフォルトの回転は反時計回りなので、時計回りにしたい場合は、「-(マイナス)360」などと数値入力する(回転させたい角度)
  • 最終的に、NLA(ノンリニアアニメーション)で、
    【重要】すべての 「アクションをストリップ化」 して、
    【重要】「NiaTrackという名称を消して、新しくすべてに同じ名前を付ける」 必要がある。
  • その後、エクスポート、glTF2.0、で出力。GLBファイルはWindows10なら3Dビューワーで確認できる。

BlenderAnimation002.jpg



 ▼▼ 続きを読む ▼▼ 

 | HOME |