でんきかいでんのブログ

電子工作、ミシン、ペンタブレット、で使える、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。こだわり系テンキーレス有線キーボードの使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2020.03.13 [金]

Oculus Rift S へ自作3Dをインポートしてみた。

自作3DをVRの中でも活用したいと思い、OculusRiftSを購入し、VR専用の小型PCを作りました。

VR初体験です。

その中でたくさんつまずいたことがあったので、忘れないうちに記録として残しておきます。


自作3Dのファイル形式

OculusRiftS(のホーム)にインポートできるのは「.glb」形式ファイル。


2020031310343845c.jpg

※スマホやOculusQuestなどとは違ってOculusRiftSの場合は実際にデータを入れるのはPC側(その後サーバーにアップロードされる)なのでタイトルが正確ではないのですが、イメージとしてはそんな感じってことで。


インポートの方法

  1. PC内の特定のフォルダに入れる。
  2. OculusのVR空間内のホームでインポート欄からそれを取り出す。(ホーム→左手menuボタン→インベントリー→インポート)

それだけ。


ホーム

OculusScreenshot1584044860ss.jpg

左手menuボタン

OculusScreenshot1584044940ss.jpg

インベントリー

OculusScreenshot1584045046ss.jpg

インポート

OculusScreenshot1584058114ss.jpg

PC内のどこのどのフォルダに入れればいいのか?

検索すると、

「C:\Users\myusename\Documents\Oculus Home\_Import」

ここが一般的なようだ。


が、


私の場合そこに、そのフォルダはなかった。


OneDriveが常時起動していることが原因なのか、OneDriveのフォルダの中に作られていた。

「C:\Users\myusename\OneDrive\Documents\Oculus Home\_Import」


自撮りとスクリーンショット

OculusのVR空間のホームの中には2種類の撮影方法がある。(もしかしたら他にもあるかもしれない)


  • カメラ(自撮り) : 左手のmenuボタンを押すと出て来る「ホーム」の下端メニューの中にカメラのマークがある。これを押すと自撮りができる。自分が設定しているアバターと後ろの景色が映る。



  • スクリーンショット : 右手のmenuボタンを押すと出て来るボタン類の右端の時計の上の「・・・」を選択するとポップアップしてくる中に「スクリーンショット」がある。これを押すと「5秒後に撮影されます」と出てカウントダウンが始まって、自動的に自分がその瞬間見ている景色が撮影される。


以下の画像はすべて上記のスクリーンショットで撮影したもの。

自作3D「WhiteFish」大きくすると迫力ある。


自作3D「おもちゃの銃01」これはBOOTHで販売しているのと同じ物だが、BOOTHで販売しているのはFBX、MQO形式ファイルなのでそのままでは使えない。


「龍」と「texCUBE 012」はかなり前にテスト的に作った物で、どこにもまだ販売や配布はしていない。



画像が保存されるのはそれぞれ違う場所

私の場合はOneDriveが常時起動しているので、やはりOneDriveの中に保存されていた。

  • カメラ(自撮り) : C:\Users\myusename\OneDrive\Documents\Oculus Home\Camera
  • スクリーンショット : C:\Users\myusename\OneDrive\画像\スクリーンショット

※「myusename」の部分だけはあなたがあなたのPC内で使用している名前になっています。各PCごとに違います。



 | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME |