でん⚡きかいでんのブログ

3Dプリンター、3DCG、PC、電子工作、HTML、CSS、ミシン、ペンタブレット、アイデア・材料・道具の紹介。PCデータのわかりやすいバックアップ方法。PC関連機器の使用感レビューなど。

正当なCSSです! クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示

2024.02.25 [日]

Adventurer4 大幅なレイヤーズレ2

LayerShift_20240224_002.jpg


「工場出荷状態にリセット」後、1回目のテストは最後まで問題なく出力されました。

「よかった、直った」

そう思ってました。

そして次の日も、朝から釣糸用空スプールの出力を始めました。


ガタッ、ガゴガゴッ


動かし始めて数層目でレイヤーズレが起こり、異音も確認しました。

「あー、これはすごく基本的なやつや」

この音を聞いてすぐに確信しました。


レイヤーズレと異音を同時に確認できたので、

「今回の原因はソフト的なことではなかった」

ことがわかりました。




まずは見やすい部分を確認しよう

ノズルを動かしているベルトやギアなどは、LEDライトがあれば確認できます。

まずは一通り、見える部分を確認します。


糸状になったフィラメントや塊など、何も見当たりませんでした。

手でヘッド(ノズルやファンが一体化になっている黒い箱)を動かし、ギアやベルトの内側を確認してみても、異物は見当たりませんでした。


「面倒臭いけど、このデカいのを下ろして、ひっくり返して、裏ブタを開けてみるしかないな」


ということになりました。



ひっくり返して、裏ブタを開けよう

LayerShift_20240224_002.jpg


電源OFF、ケーブルを抜き、周囲にある物をどかして、このデカブツを下ろします。

デカいし、重いし、なかなか大変でした。


ネジは合計で10個。

すべて六角穴付ネジでした。

2個は浅い位置にありましたが、8個はやや深い位置にあり、5cm以上軸長のあるドライバーが必要でした。


私が今回使用したのは、

「TRUSCO(トラスコ) ボールポイントグリップドライバー 3.0mm TGBD30」

です。これ1本で裏ブタのネジはすべて外せました。

このドライバーの軸長は10cmです。



ゴミを探そう、特にベルトとギア周辺

LEDライトで、ベルトの内側、ギア周辺をじっくり見ていきます。


LayerShift_20240224_004.jpg

オモテ正面のドアを開け、


LayerShift_20240224_005.jpg

手を突っ込んでプラットフォームを手で動かし、


LayerShift_20240224_006.jpg

ベルトの内側、


LayerShift_20240224_007.jpg

ギア周り、


LayerShift_20240224_008.jpg

スライダー周辺など


LayerShift_20240224_009.jpg

をじっくり確認します。


LayerShift_20240224_003.jpg

見つけたゴミはすべて長いピンセットで除去します。



予想していたよりはきれいでした

LayerShift_20240224_010.jpg


もっとたくさんからまったり、落ちているかと思っていましたが、意外と少なかったです。


ゴミを除去後、テスト出力をしました。

1回目は問題なく、きれいに出力されました。

本日、2回目の出力を実行中です。

今の所、問題は起こっていませんが、また何か起こりましたらX(旧Twitter)と、このブログで報告したいと思います。



関連記事

 | HOME |  OLD »

コメント

コメントの投稿


「コメント非表示」管理人しか閲覧できないコメントにする。

 | HOME |